ニキビに良いというブースター化粧水のリプロスキンですが、ビーグレンとどう違うのでしょうか?

 

調べていきたいと思います。

 

 

リプロスキンとビーグレンは何が違うの?

 

リプロスキンとビーグレンはどちらもニキビケアに良い化粧品です。

 

どちらも良い化粧品なので迷ってしまいます。

 

どこが違うのでしょうか?

 

リプロスキンは、ナノBテクノロジー3,0という浸透力向上技術で浸透力が期待できます。

 

コラーゲンやヒアルロン酸、グリチルリチン酸ジカリウムやプラセンタエキスなどの有効成分が配合されていてこれらがお肌の奥の角質層まで浸透するのでニキビ跡やニキビ跡のクレーターにも効果が期待できるというのです。

 

ビーグレンでニキビ跡に効果があるのはCセラムというビタミンC誘導体で、赤いニキビ跡には効果があるとのことですが、ニキビ跡のクレーターにはなかなか作用するのが難しいとのことです。

 

ということで、ニキビ跡に効果を期待するなら、リプロスキンがいいということです。

 

 

リプロスキンとビーグレンどっちを使えばよいの?

 

ニキビ跡のケアならリプロスキンの方がいいという人が多いですね。

 

お肌の質は100人いれば100通りの質があり、個人差もあります。

 

ですので一概には言えません。

 

しかし、リプロスキンがニキビ跡のケアに有効だという人の口コミは多いですね。

 

ナノBテクノロジー3,0という浸透力向上技術で有効成分を肌の奥である角質層まで浸透させます。

 

ですからニキビやニキビ跡にも効果が期待できるのです。

 

しかしニキビ跡というのは簡単に治るものではありません。

 

2か月3か月半年1年とかかるものもあります。

 

じっくりと腰を据えて使っていく必要がありますね。

 

それでもクレーターは治らない場合もありますね。

 

真皮が傷つき破壊されて再生が不可能になっている場合があるので完治は難しいといわれています。

 

でもリプロスキンはニキビの炎症ケアをしてニキビを繰り返さないお肌にするためにグリチルリチン酸ジカリウムやニキビの後に欠かせない美肌ケアに有効なプラセンタエキスを配合しています。

 

またアマチャヅルエキスも入っているので固くなったお肌に潤いの通り道を作る効果も期待できます。

 

 

 

↓↓↓リプロスキンをお得に購入できるのはこちら↓↓↓

リプロスキン 口コミ